新作:あいみょんの歌声の魅力!!専門家に聞いてみると・・


新作:天才の歌声!なぜ菅田将暉さんの歌声は本物なのか!?


新作:売れる歌手の特徴、ツァイガルニック効果


新作:プロと素人の歌声は何が違うのか


新作:歌がうまくなるためのガイドライン


新作:家で効率よく上達させる2つの方法


新作:歌を楽しく上達させる3つの心得


新作:生まれついての声質という才能


新作:歌う以前のノドの才能について


歌唱力のある歌手の特徴まとめ

で、歌唱力って何なんでしょうか?




参考:歌が上手い歌手ランキングTOP25


参考:男性歌が上手い順位TOP15



 今回はこんな人のための記事です。


・どういう人が「歌唱力がある」のか知りたい人

・歌唱力ってなんのことかよくわからない人

・「歌唱王に、おれはなる!」という人




 こんにちは、北区ボーカル研究会です。今回もよろしくお願いします。


 歌の話題ではよく「歌唱力」というものが語られますよね。あの歌手の歌唱力ってどうなのか?歌唱力のある歌手って誰?などなど。ネットではこうした議論がケンカになったりもするので中々デリケートな話題みたいです。


 でもこの歌唱力って言葉は意味があいまいで、議論してても話がかみ合ってなかったり「そもそも歌唱力があるって何?」という意見もたくさん見ました。


 リスナーに響くメロディの歌い方や声色、ビブラートなど上手だなと思うポイントは色々ありますが、何を優先するかという基準も人によって全然違うわけなのです。


 こういうのってなかなか個人では決定できないんですよね。私も「歌がうまくなるとは何だろう」って記事を書いていますが、あれも一つの狭い意見でしかないのです。


 そこで、今回はネットで「歌唱力がある」と言われるシンガーを並べて、その特徴を分析してまとめてみようかと思います。ただ、どうしても有名な歌手が中心になるのでそこはご了承くださいね。


 さぁ、歌唱力があるってどういうことなのか・・?


 あとYouTubeでは「歌を通して人生を良くしよう」という配信してます。よろしくね。(※音が出ます)





最初にまとめ

 ・音色や音程に安定感があり板についている

 ・声に厚みがあった方が安定感を感じやすい

 ・地声っぽいような裏声っぽいような繊細な声

 ・難しい曲をびしっと歌えちゃう

 ・シンプルなメロディをなめらかに歌えちゃう



1、どっしり安定感




 まずは安定感です。ここで言うのは音程・テンポ・音色やビブラート・しゃくりといったテクニックのミスが少なく、板についているということです。全部説明すると長くなっちゃうからね。


 (ちなみに「板につく」って舞台や場にハマっていて落ち着いている様子だそうです。)


 たとえば情感を込めるために音程がガタガタになったり、音程が合っていても声色が弱くなったりすると安定感がないと感じるようです。


 プロでも音程は完璧にはならないので、声色の印象と合わせて安定しているように聴かせるのも重要。それがうまいかどうかってことなのです。だから「正確」っていうのとはちょっと違うんですね。若い人は声が弱いし経験不足なので不利な項目ですね。


 男性では玉置浩二さんや鈴木雅之さん、女性では吉田美和さんや絢香さんといった厚みがありパワフルな声質が評価されやすいです。どっしりと低音から高音までバランスよく発声するには技術も体力も必要なのでその評価も納得です。


 今挙げた4名はトップクラスの歌手なのでこれから書く他の特徴も大体は当てはまります。やはりプロとしては「板についている」というのは評価だけでなく、仕事として歌う上でも大事なことなんでしょうね。いっつも同じ曲歌わなきゃいけないし。


 逆に、声が細い人は相当に音程が正確じゃないと安定していると思われないので、そういう歌手はちょっと不利かなぁと思います。


2、ふわっと音色のバランスが良い







 上のどっしりした安定感とは別に、声の繊細さというのも歌唱力として評価されています。こちらの池田綾子さんや新妻聖子さん、男性では平井堅さんや槇原敬之さん。


 地声っぽいような裏声っぽいような、普通の人には出すのも難しい美しい歌声。その上でメロディを上手に歌うというのはやはり歌唱力が高いと評価されています。


 テクニック以前に「この声は他の人じゃ出せないな」と思ったらそれも歌唱力のうちなんですね。平井堅さんや徳永英明さんはその音色を作るために安定感が犠牲になる時があり、それだけに音色を作る難しさと美しさを感じます。


 音程やリズムといった測定可能な要素が弱くなり「歌唱力トップ!」と言われることは少ないのですが、音楽なのでその美しさは多くの人を魅了しているわけです。


 声の繊細さ、これも歌唱力のうちですよ。


こうした声質に関してはこちらでも解説しています。
生まれついての声質という才能

3、びしっと難しい曲が歌える


 この難しい曲というのも音域が広いとかメロディやリズムが複雑とかありますが、マネしづらいという意味で重なる部分が多いと思います。


 MISIAさんや宇多田ヒカルさんは難しい曲が多いのでそれを歌いこなす実力派でしょう。男性ではTM西川さんや三浦大知さんなど。難しいからあまりカバーされない曲が歌えるんですよね。


 ただ、曲の難易度に関しては音楽をやっていない人には伝わりづらいので音域が重視されがちです。でもリズムが重要なダンスチューンや転調の多い曲って準備が大変で、それに対応するのも歌唱力のうちじゃないかなと思います。




 それとTM西川さん三浦大知さんはライブで音を外すのが指摘されますが、こういう派手な曲ではどれだけカッコよく歌えるかが勝負なので歌謡曲の歌手と同じ基準だと場違いかな。



こちらもオススメ

関連:生まれついての声質という才能


関連:喉声、私たちを悩ます呪いの言葉


関連:歌声と身長の慎重な関係



4、するっとなめらかなメロディ


 テクニックにせよ声の広がりにせよ、それを活かしてシンプルなメロディを素敵に歌えると「上手だなぁ」と思ってしまいます。メロディがシンプルでも雰囲気を作れるATSUSHIさんや川畑要さん、声がスコンと抜けるような夏川りみさんやSuperflyなど。


 たとえばメロディをぶつ切りにせずなめらかに歌ったり、伸ばすとこではちょっとずつ声量を下げて消え入るように歌ったり。その力加減や音程がなめらかに変化する人は評価が高いです。


 メロディをなめらかに歌えるというのは音程を変化させるテクニックがうまいわけなので、それだけでもある程度は発声の完成度がわかるのです。


 しかしなめらかにし過ぎると音程が上がり切らず、平べったい歌い方になるのでそのバランスもふくめて評価されるんじゃないかなと思います。ここは安定感とつながる部分ですね。




main

 というわけで「歌唱力がある歌手の特徴」でした。


 有名な歌手ばかりの分析なのですが、「多くの人を感動させる能力」を歌唱力とすれば有名人を中心にして良いかと思います。完全性や伝統性を重視するとオペラが中心になりますが、オペラが好きな人も今ではそんなに多くないでしょう。


 そのせいであいまいになってしまうのですが、こうした特徴を歌唱力の参考にしていただけるといいなと思います。その上で「自分はあの歌手が好きだな」という基準を作ると楽しくなります。


 みなさんもぜひ、歌手や音楽を聴くのを楽しんでもらればと思います。




まとめ

 ・音色や音程に安定感がある、板についている

 ・声に厚みがあった方が安定感を感じやすい

 ・地声っぽいような裏声っぽいような繊細な声

 ・難しい曲をびしっと歌えちゃう

 ・シンプルなメロディをなめらかに歌えちゃう





新作:あいみょんの歌声の魅力!!専門家に聞いてみると・・


新作:天才の歌声!なぜ菅田将暉さんの歌声は本物なのか!?


新作:売れる歌手の特徴、ツァイガルニック効果


新作:プロと素人の歌声は何が違うのか


関連:歌がうまくなるためのガイドライン


新作:歌を楽しく上達させる3つの心得


新作:生まれついての声質という才能


新作:叫んで歌うことの大切さ


新作:歌う以前のノドの才能について


関連:歌がうまくなるとはなんだろう


関連:星野源さんの声について


関連:身長と歌声の慎重なカンケイ


北区ボーカル研究会トップページへ