■歌好きな視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ポイントを基準としています。本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■四肢障害のシンガーの方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。メールフォームによるご注文やお問い合わせが大変な場合はお電話にてお問い合わせください。


新作:歌う以前のノドの才能について


関連:声区と関わる身長のお話


声区と換声点とはなにか?

声帯の状態が変わる音域を区別

 次はボーカル研究をしていくうえでの基礎知識を書いていきます。裏声とミックスボイスについて初めに説明しますと、裏声というのは息か声かわからない状態の声と、無意識にひっくり返った時のように倍音がなくなりクリアで細くなった声、との2つに大きく分けられます。

 対してミックスボイスというのは声の高さによってチェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイスというものがあり、それらの声区をつなぐ中間の声質のことを言います。


 なので「地声:裏声」、「チェストボイス:ミックスボイス:ミドルボイス」のように、裏声とミックスボイスってそもそも分類の仕方が違う概念なのです。

 地声に裏声を混ぜてミックスボイスというのはちょっと雑な説明なので、ここのページではミックスボイスと声区について考えていきましょう。ちなみに声区が変わるポイントを換声点と呼びます。文章だと声がわからないので、音程によって声の性質が変わるということだけ頭に入れておいてください。

 キーワードは声区と換声点です。


 ただ、これは私が簡略化した分類であり、ボイトレ研究はどんどん進んでいっています。詳細な分析があればそっちのが正しい。とりあえず「こんな感じだよ」というのを知ってもらえればと思います。

声区、換声点

(図は自由にお使いください)

チェストボイス

 これは男性はlowF#まで、女性はmidD#までの声区になります、歌に使われないような低い声はまた発声が変わりますが、使い道がないのでここではチェストボイスを一番低い声区とします。

 チェストボイスは話し声と近い音程のため馴染み深く、音程の操作やビブラートなども容易かと思います。

 しかし操りやすい分、声区より上の音程もチェストボイスのまま発声してしまうことも多く、男性のlowGやmidAなどが苦しい場合は他のシンガーの声をよく聴いてチェストボイスとの変化を聴いてみてください。よく聴けばチェストボイスとの違いがわかるはずです。

ミドルボイスの注意点

 次はミックスボイスとミドルボイスです。

 この声区からいきなりミドルボイスというものになるのではなく、チェストボイスとミドルボイス、ミドルボイスとヘッドボイスをつなぐグラデーション部分がミックスボイスと呼ばれます。

 ミックスボイスとも言われるだけあって低い部分ではチェストボイスの要素をミックスさせ、高い部分ではヘッドボイスの要素をふくませるなど、都合によって色んな変化をさせられる声区です。

 そのため、『ボーカル研究法』ではミックスボイスという言葉を使わずにミドルボイスを1、2、3にわけて書いています。ですが、ここではまずミックスボイスとして書いていきます。


 ややこしくてごめんなさいね、出回っている情報が錯綜していてまずはそれを整理する必要があるのです。

ミックスボイス(ミドルボイス1)

 男性はlowGからmidD#まで、女性はmidEからmidG#までの声区。低い音程ではチェストボイスの要素を多くふくんだ方がつながりがよく、きれいです。

 しかしそのため低い部分の男LowGや女midEは意識的にミックスボイスの要素をもたせるようにしないと音程が届かなかったり、苦しかったりしやすい部分です。Bメロなどで使われやすい音域なのでAメロをチェストボイスで歌った場合は変化を感じやすいですね。

 チェストボイスとミドルボイスとの橋渡しなのでファースト・ブリッジと呼ばれることもあります。

ミドルボイス(ミドルボイス2)

 男性はmidEからmidG#まで、女性はhiAからhiCまで。あまり声の高くないシンガーがサビの最高音に選びやすい音域です。案外勢いで出せる音域なので、チェストボイスをそのまま張り上げてひっくり返ることも多いです。コブクロの地声の最高音がこのあたりです。





ミックスボイス2(ミドルボイス3)

 男性はhiAからhiC、女性はhiC#からhiEの区域です。ここまでくると普通は裏声でないと届かない音程、ロックシンガーや実力派と呼ばれるシンガーがサビに使う部分です。

 ここもミドルボイス2とヘッドボイスの橋渡しなのでセカンド・ブリッジと呼ばれることがあります。レミオロメンの『粉雪』のサビがhiA、SuperFlyの越智さんもhiDなど最高音に選びやすい区域です。





ヘッドボイス

 男性はhiC#からhiE、女性はhiFからhihiAです。ロックのシャウトやR&Bのファルセットで出すような音です。

 通常は歌に使われることは少ない音程ですが、メタルではちょくちょく使われます。ヘッドボイスを「芯のある裏声」と例えることもありますが、むしろ息の漏れた裏声ではこの音域は届きません。





ホイッスルボイス

 男性はhiFからhihiA、女性はhihiA#からhihiEかな。メタルの最高音やマライア・キャリーさんのホイッスルボイスが有名ですね。

 サード・ブリッジと呼ばれることやVitas氏がさらに高い声を出すことからもっと上の声区もありそうなのですが、私自身が出せないために詳細は不明。ここではホイッスルボイスを最高音域とさせていただきますね。


超高音は2:42から



次:音素について


新作:歌う以前のノドの才能について


関連:声区と関わる身長のお話


新作:TVゲームと音楽史


北区ボーカル研究会トップページへ