■歌好きな視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ポイントを基準としています。本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■四肢障害のシンガーの方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。メールフォームによるご注文やお問い合わせが大変な場合はお電話にてお問い合わせください。


新作:売れる歌手と売れない歌手の違いについて


新作:喉声、私たちを悩ます呪いの言葉


新作:プロと素人の歌声は何が違うのか


新作:歌がうまくなるためのガイドライン


新作:家で効率よく上達させる2つの方法


参照:声区とは


歌う以前のノドの才能について

高い声にはワケがある



参照:身長が低い人が歌が上手いのは声帯が関係していた


参照:身長と歌声の慎重なカンケイ


 こんにちわ、北区ボーカル研究会です。今回もよろしくお願いいたします。


 才能、素質、限界。
 なんでもそうですが、能力ってその人のポテンシャルがいつも問題になってきます。歌もそう。

「歌手ってまず声がよくないと無理でしょ?」

「歌は才能がすべて、ボイトレには限度がある」



 ネットでもよく言われることですね。全部正解。でも今回は歌う以前のノドの才能から歌を考えていきます。これを知ると知らぬじゃ一味違うってわけなのです。


 あ、ちなみにこれはプロについての考察です。歌を楽しむ分には技術によって音域は広がるので、才能はおまけです。表現力を上げる方法についてはこちらを参照。


関連:歌の表現力を上げるためのアイデア


 さて、みなさんも「あの人歌える音域は広いけど、なんかなぁ・・」と思ったことありませんか?元の声がどれだけ良くても、それを発揮できるキー設定じゃないと意味がない。なので歌においてクオリティのピーク音域って声ダネ以前の要素かと思います。

 ただ、このクオリティ・ピークってある程度鍛えないとわからないし、この記事も当たり前の結論になっちゃうんですけどね。でも整理するのは大事!


 先にまとめを置きます。これで把握した方は読まなくて大丈夫だよ。




まとめ ノドの才能は越えられない

 ・声の音色と高さは声帯と声道のサイズ、硬度による

 ・身体的な条件で良く鳴る音域、そうでない音域がある

 ・ヒット曲の最高音は男midF#~hiB、女hiB~hiEくらい(フェイク除く)

 ・そこにクオリティ・ピークがないとヒットの才能は乏しい

 ・ピークを知るのも才能、ユニークもブレイクする



main

 では当たり前のことから。
 人によって音域ごとのクオリティの違いはあると思います。

 下の小久保先生の動画でも説明されていますが、声の音色と高さを作る要素として声帯の性質と声道(ノドから鼻)のサイズが挙がるんですね。


main
図は『大学入試攻略の部屋』より
http://daigakunyuushikouryakunoheya.web.fc2.com/index.html




まとめると

声帯
  厚み(厚いほど太く、低い声になる)
  硬さ(硬いほど鋭く、高い声になる)
  長さ(長いほど太く、低い声になる)

声道
  ノドの太さ(太いほど低くなる)
  ノドの長さ(長いほど低くなる)
  鼻腔も同様



 これらを筋肉や息の運動で操作している以上、技術で音域を広げてもどうしたって鳴りが良い音域と悪い音域が出てきます。どれだけ整えても、物理的に自由でないポイントがでてきちゃうんでしょうね。

 声帯が長くてやわらかい人でもノドを縮めて声帯を硬くすればhiBやhiCは出ますが、小柄で声帯の硬い人がより自然に出すきらびやかなhiBのようにはいかないわけです。逆に、声の硬い人が中低音で勝負しようとしても迫力不足。


 根拠が弱くて申し訳ないですが、キャリアの長い歌手が音域を広げてもデビュー時とクオリティ・ピークの変化がないあたり、それは先天的なものだろうと思います。

 ためしに、身長193cmのコブクロ黒田俊介さんと190cmのセバスチャン・バック氏を聴き比べてみましょう。






 これだけ身長が近くても、コブクロ黒田さんは中音域に強みがありバック氏は高音域が美しいという違いがある。これを技術訓練でひっくり返すのは不可能だと思うのです。

 才能を論じるにあたって、まずこうした特性の違いを踏まえていきましょう。


 声と身長に関してはこちらの記事でまとめています。
関連:歌声と身長の慎重な関係



こちらもオススメ

関連:生まれついての声質という才能


新作:歌を楽しく上達させる3つの心得


関連:ピッチ・音程を外しちゃイカンのか?



歌の才能とキー設定

声区、換声点


 私は昔、技術次第でどの音域でもプロのように歌えるもんなんじゃないかと思っていました。hihiAのような極端に高いキーや低すぎるキーでなければ、たしかに歌うだけならできるそうです。


 しかし、プロとして比較対象になってしまうと鳴りが弱い音域では勝負ができない。


例えば、地声の低い私でも技術訓練でhiCのメロディは歌えます。でも鳴りが悪く響きに乏しい。ノドとキーが合ってなくて「だから何?」ってなると思います。




 そして、現代ヒット曲で支持される最高音は大体定まっています。ザックリですが男性はmidF#からhiB、女性はhiBからhiEくらいかな。フェイクやシャウトは別にして、ここから外れるほどファンも限定されてくる印象です。

 桜坂なんかはmidEで大ヒットしましたけど、全体でみると人にとってもうちょい上の音域が心地よいみたい。


 で、どの分野でもプロとして競争する場合、才能というのは

・他の人にできない事ができる

・同じ事をやってもクオリティが一段高い

 ということになるんじゃないかと。
 すると、歌手でメジャーヒットを狙いたいなら男性はmidF#~hiBにクオリティのピークがないと勝負にならない。それより高くても低くても個性派・キワモノの扱いになってしまうわけなのです。

 だからこそ、プロは必死で訓練してその音域にクオリティ・ピークを作っていくんですね。そうして競争が始まっていく。




 リスナーというのは人によって視聴にかける時間・予算は上限が決まっています。
 ここで競争という言葉を使うのも、プロミュージシャンというのはそれらを奪い合う業態ゆえなのです。

 YOU TUBE動画など、低いキーでもクオリティ・ピークを合わせた歌声はほんとに素晴らしいです。しかし広く支持され、それで稼いでいくには個性よりもまず普遍的なキー設定にマッチしていないとダメなようです。

 私は声が低いのでヤな感じ!

才能を「ヒット適正」として見る

 クオリティ・ピークが高い人も低い人も、それに合わせたユニークな表現ができればそれは天才です。メタルやボサノバもポップスとは音域が違いますよね。

 でも幅広い人の胸を打つ「ヒット適正」として才能を捉えた場合、先天的なクオリティ・ピークがヒット曲にマッチしているか?これだけでかなり見極めができてしまいます。

 それは背の高さや手の大きさと同じで、生まれ持った体によって形成されるものです。スポーツで言えばその競技の有利不利を決定的に左右するものではないでしょうか。


 なので結論として、歌の才能は越えられない。


 バスケやバレー選手の平均身長をみても当たり前ですね。たとえば私がクイーンのフレディ・マーキュリー氏と同じキーで歌っても比較になりません、歌どころかmidGで叫んだだけでも話にならない。




 こういう事は先生方は言いたがらないので、私が言っちゃいます。

main

 ではでは、ヒット適正とは別の才能って何なのか?私はどうすればいいのか?

 これも当たり前ですが、自分のクオリティ・ピークを調べて得意なこと、できないことを見極める。これそのものがもう才能だと思います。そうすれば、あとは磨いていくだけ。

 たとえばカーペンターズ。曲のほとんどをチェストボイスで歌い、キーはかなり低いです。でも彼女は自分のクオリティ・ピークを理解し、世界中で愛される歌声を生み出しました。




 日本でも流行りましたが、スキャットマン・ジョンという歌手がいます。彼は言葉をどもってしまう吃音症の人なのですが、それを活かした高速のスキャットで一世を風靡しました。




 こちらも今では有名、台湾のリン・ユーチュンさん。
 彼も声のピークが高すぎて10年間オーディションでは不遇だったようです。しかし今ではアジアで活躍する人気歌手。




才能とは

・他の人にできない事ができる

・同じ事をやってもクオリティが一段高い

 となれば、ユニークであることもまた才能。その才能は他人には越えられないってわけ。ヒットするかはわからないけどね。

 はい、ではまとめます。




まとめ ノドの才能は越えられない

 ・声の音色と高さは声帯と声道のサイズ、硬度による

 ・その身体的な条件で良く鳴る音域、そうでない音域がある

 ・ヒット曲の最高音は男midF#~hiB、女hiB~hiEくらい(フェイク除く)

 ・そこにクオリティ・ピークがないとヒットの才能は乏しい

 ・ピークを知るのも才能、ユニークもブレイクする




 B'zの稲葉さんやフレディ・マーキュリー氏など、伝説級の天才というのはやはり身体的にも高いヒット適正があるのだと思います。その上でセンスと習熟度によって完成されてゆく。

 水泳で、可動域が効率のいい動きとたまたまマッチしていたり、野球のフォークが意識しなくてもたまたま良いタイミングで落ちる選手・・。その「たまたま」を人生を賭けて磨いたのが、私たちの知る天才なのだなぁと思います。

 当たり前だね。


 この記事はこんな人が書きました。『海の幽霊』や『LEMON』『マリーゴールド』歌ってみた。







新作:売れる歌手と売れない歌手の違いについて


新作:喉声、私たちを悩ます呪いの言葉


新作:プロと素人の歌声は何が違うのか


新作:歌がうまくなるためのガイドライン


新作:家で効率よく上達させる2つの方法


新作:歌を楽しく上達させる3つの心得


新作:生まれついての声質という才能


新作:叫んで歌うことの大切さ


関連:歌がうまくなるとはなんだろう


関連:声優の声はどうなのか




北区ボーカル研究会トップページへ