■歌好きな視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ポイントを基準としています。本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

■四肢障害のシンガーの方へ
当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。メールフォームによるご注文やお問い合わせが大変な場合はお電話にてお問い合わせください。

新作:プロと素人の歌声は何が違うのか


関連:伝説の超絶シンガーまとめ


新作:Aimerという天才


関連:歌がうまくなるとはなんだろう


ミックスボイスの出し方とは?

地声と裏声を「混ぜる」=×、どちらとも「違う」=〇



声区、喚声点

 こんにちわ、北区ボーカル研究会です。今回もよろしくお願いいたします。


 ミックスボイスというのは声区の分類であるチェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイスの間をつなぐ音域の声のことを言います。よく「地声と裏声の中間」みたいな言い方をされますが、それはトーンの問題であって、そうすることで高い声が出るようになるわけではありません。むしろ、息がもれてエネルギーが散っている分しんどくなるはずです。

 参考までに、私が歌った『糸』です。深刻な印象にするため息を混ぜてますが、このトーン自体がミックスボイスなわけではないのです。





 もし、「チェストボイス=地声」「ヘッドボイス=裏声」という意味で使うなら、その中間の声をミックスボイスと呼ぶのは間違ってはいませんが、その音域が広すぎるうえに「声を混ぜる」なんてことはそもそもできないので、やはり乱暴な説明かと思います。混ざって聴こえるのは聴いた人の印象であって、出す人の感覚ではありません。

 ミックスボイスの解説動画などを見ていると、それを出せる方々は「ウラ声」と「強いミックスボイス」と「地声っぽいミックスボイス」などを使い分けていることが多いのですが、これはつまりミドルボイスやヘッドボイスの音域でもトーンをコントロールできるということです。基本的に高い声区にいくほど倍音が少なくなりますが、そこに地声っぽい倍音を含ませることでまるで地声と裏声が混ざった声のように聴こえるわけですね。

 そのため、ミックスボイスを習得するにはまずは高い音域を裏声で出せるようになる必要があるわけです。そしてその裏声にノイズをまじえたり太くしたりと、出したいニュアンスを足すことで曲にマッチさせていきます。また、高音域のミックスボイスに違和感なくつなげるために低音域のトーンも合わせる必要もでてきますし、どうしても声区を移動しやすいトーンとそうでないトーンもでてきます。

 このように、音域を広くしたい場合は高いところだけでなく低音部分も見直していくことが大事になってきますので、高音が課題になったときは低音部分にも注意をしてみましょう。そのうえで高い声にノイズを加えたりクリーンにしたりといったトーン操作が活きてくるんですね。


こちらもオススメ

関連:生まれついての声質という才能


関連:歌う以前のノドの才能について


関連:歌がうまくなるとはなんだろう



main
 なのでミックスボイスというのは確立された「ある声」のことを言うのではなく、声区の移動を適切に行う能力のことを指しているといっていいと思うのです。例えば低音は力強いのに、高くなるとすぐにひっくり返ったりするのは声区の移動ができていないわけです。低い声から高い声まで、破綻なく自然な「高さと強さのバランス」を保った声をミックスボイスと呼ぶわけですね。

 ミックスボイスの感覚と習得。
 これは「地声と裏声を混ぜる」という感覚ではなく、大まかには声区ごとの、細かくは音程ごとに、それに適した声帯の使い方が必要になってきます。なので「混ぜる」という意識ではなく地声とも裏声とも「違う」という意識の方が良いと思います、対応する音域も違うのでその方が妥当なはずなのです。また、地声と裏声の「中間」という意識だと、上に書いたように息が漏れてしんどくなる可能性が高いのでオススメはしません。

 一口にミックスボイスといっても、それはクリーンだったりエッジがあったりと種類がありますし、どれだけノイズを加えるかということも繊細に操作をしなければいけません。それを「裏声を地声を混ぜる」と言って片づけてしまうのは、やっぱり乱暴な説明かと思います。大事なのはそうしたカテゴリーに縛られずに発声することだと思うので「地声」とかそんなことよりも、それらを自由に行き来するような「名前のない声」を出せるように意識してみてください。本来はそれが「ミックスボイス」なのかも知れませんが、いま出回る情報からするとちょっとズレてきてるんじゃないかなと思います。


(2017/12追記、ボイストレーナーの小久保よしあき先生がそのあたりの解説動画をアップしていますのでどうぞ。)


 科学的な理論も私よりずっと詳しいので、気になる方は色々ご覧になってください。

東京の小久保よしあきボイストレーニングスタジオ


ミックスボイスの出し方はマネから覚える

 さて、私はミックスボイスの練習のためには、ミックスボイスの出し方を知るプロシンガーをマネることを強くオススメしています。自分が知らない感覚を得るには、それを知ってる人のマネをすることが一番手っ取り早いのです、言葉の説明では自分の理解の範囲でしかそれを探すことはできないわけですから。

 もしあなたが裏声は出せるのにミックスボイスが出せないという場合、それは生理的に不可能な声を目指しているのかもしれません。ですが実際にプロが出している声は生理的に可能なことが実証されていますので、まずはそれをマネして練習する方が効率的だと思うのです。これに関してはボイストレーニングの中で謎の理想論を植え付けられている可能性も高いので、それを払拭するのにも良い方法ではないでしょうか。

 言語を覚える際、私たちは文字などはまったく読めませんが両親や友達のマネをしてどんどん言葉を覚えていきます、ミックスボイスの出し方だってそうやって覚えた方が早いのではないでしょうか?楽器にしろスポーツにしろ、うまい人のマネをして練習するというのは当たり前のことです。ですが、なぜか歌においてはそうした練習について教える人があまりいません、表向きには「たくさん歌手のマネをしてください」とは言うものの、どうやって、どれだけやればいいのか教える人はあまりいないのです。

 人間にはミラーニューロンという神経細胞があります、この細胞によって、例えば目の前の人が右手を挙げた場合、「それを見た人」の脳細胞も右手を挙げたときと同じ活性を示すのです。つまり人が何かしているのを見ると脳がそれをどうやってやるのかを予測し、勝手に覚えてくれるということなんです。ならば、ミックスボイスの感覚を知るうたびとの声や表情、挙動をよく観察しましょう、これはミックスボイスの練習にもとても有効だと思います。そうして声を研究していけば、いちいち「地声」とか「裏声」とか分類すること自体に無理があることがわかるはずです。
main
 また、表情心理学の研究でも表情と感覚、感情には相関があることがわかっています。例えば怒った顔を作っていると体も実際に怒った時と同じ感覚になり、それは感情にも影響を与えるわけです。つまり、相手と同じ感覚を知りたければ相手と同じ表情や挙動をするのが、科学的にも妥当であることがわかってきたのですね。私もミックスボイスの出し方を知るにはそれが手っ取り早いと思います。

 ミックスボイスの感覚と習得。
 『ボーカル研究法』でも研究していますが、手嶌葵(てしま・あおい)さんは声を維持しながらとてもスムーズに声区を移動していて上手です。勘違いしないでほしいのはこのウィスパーボイスがミックスボイスなのではなく、高いキーと低いキーがつながっていること。また、高いところはちゃんと声区が上がって明るく艶のある声になるところが重要です。

 レコーディング日記とともに手嶌さんの研究文がダウンロードできますので、よければ読んでみてください。PCなら左側、スマホなら上のサムネイルをクリックです。


 マネをするときは小さい声で構いません、大きい声でプロと同じ音域を歌うのはかなりハードな作業になってしまいます。それと、マネをする目的は感覚のトレースにあるので口先で声をマネすることに固執しないでください、それをやっても似てませんし高い音程になるとすぐにボロがでてしまいます。「あの人はどういう感覚で歌っているのかな」ということを大事にしてくださいね。

ミックスボイスがうまいシンガー

 とはいえ、せっかく見てくれたみなさんを投げっぱなしにするわけにもいかないので、ミックスボイスつまりキーとトーンのバランスが良いうたびとを挙げておきます。マネしやすいようにソフトでキレイなシンガーばかりなのはご勘弁を。




 まずはマッキーこと槇原敬之さんと韓流シンガーのKさんです。Kさんに限らず韓国のグループはミックスボイスがうまく、お手本にするには適切かと思います。マッキーもソフトな歌声でAメロからサビまで順番に、キーは高く声は強くというグラデーションを大事にしているので声もペース配分も基本としてコピーしてしまってもいいでしょう。

 どちらも地声っぽさと裏声っぽさをうまく調律し音程の移動がスムーズで、またそれがしやすいトーンを維持しています。この音程とトーンの関係って相補的なもので、音程操作がうまくなるにはトーン操作もうまくないといけないし、また音程を良くするためにトーン操作がうまくなったりもするわけです。

 なのでこの二人のように、トーンが洗練されているとそれだけでうまいであろうことがわかるわけです。だから、もうこれは丸暗記しちゃいましょう、「このトーンだと音程も操作しやすい」。




 女性では絢香さんです。キャリアを重ねて声が強くなっていったので初期の曲を選びました、ちょっと鳴りが強い声ですが上で手嶌葵さんを挙げたのでいいかな。

 サビの「きーみー」の「みー」はhiAの高さですが母音の形も良く、キレイなミックスボイスになっています。ミックスボイスがうまいかどうかを測るのに発音のキレイさというのは重要で、発音が汚い人は音程の移動がつながらないことが多く、当然声質もキレイにはなりません。

 それに発音がキレイな人がニュアンスによってそれを調節することはできても、下手な人が調節をすることはできないのでバリエーションにも差が出ちゃうんですね。大事なのは発音がキレイなことではなく、場面で使い分けれること。多少荒くてもパワーが欲しい時だってあります、サビの「がんばって」もhiAですが発音と発声に力があって先ほどとはニュアンスが違いますね。さすがに彼女は上手です。

main
 はい、ではこんな感じです。彼らはレベルが高い歌手なので同じように歌うには時間がかかると思いますが、焦らずにいきましょう。自慢になりませんが、私もピアノマンをこんなにキレイに歌えませんから!


次:ボーカル研究エッセイ




新作:プロと素人の歌声は何が違うのか


関連:伝説の超絶シンガーまとめ


関連:音楽ファッション史スナップ


関連:トーンについて


関連:星野源さんの声について


北区ボーカル研究会トップページへ