※写真は北区ではありません
■歌好きな視力障害者の方へ
本ホームページは文字の大きさが12ポイントを基準としています。本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

北区ボーカル研究会

「良い歌」をうたうための研究サイト

 このホームページはこんな人たちのために作りました。

●歌が好きだけど「良い歌ってなんやねん」という人
●行き詰まりを感じ、ボイトレ以外の上達方法を知りたい人
●なんか音楽関連のおもしろい記事を読みたい人
●プロのシンガーの歌がなぜ上手く聴こえるか知りたい人
●売れたシンガーが持っている「なにか」をもっと知りたい人




 はじめまして、北区ボーカル研究会の宇治広一郎と申します。

 1984年生まれ。元ゲーム小僧で格ゲーとスライムナイトが大好きでした。成人後は音楽や歴史を楽しんでいます。ヒーローはジャッキー・チェンとチャップリン。

main


 『海の幽霊』や『LEMON』『マリーゴールド』歌ってみた。



感動するボーカル(歌唱)を研究

 声、つまり倍音のことですが、これはただ機械的にメロディを歌えば美しいわけではありません、声を通じてリスナーの体感を刺激し、悲しかったり楽しかったりといった疑似体験が感動を生むわけです。過去の天才シンガーたちはそれを理解して、時に荒く、時に極端な歌声を聴かせてリスナーを感動させていました。

 私も好きなシンガーのように歌いたくて歌を始めたのですが、ボイトレをやっていく中で段々と地味な歌い方になっていきます。「なんか違う」「もっとユニークでいいんじゃないか?」、すごいシンガーはこう歌ってないぞと思いちゃんとボーカル研究をすることになりました。これが本当に楽しい!

 それを通してわかったのは、私は歌ったり調べていればそれで十分、そこからどうこうする必要がなさそうなのです。例えるなら電車の名前にめっちゃ詳しい坊やとか、野球選手を50年見てきてるおっちゃんみたいなもんです。

 なので、それをわかりやくまとめたサイトを作成。役に立つよう公開することになりました(以前は書籍販売)。また、閲覧数も増えてきたのでキッズや若い人の動画も紹介していこうと思っています。よかったら見てあげてね。

 この研究がきっかけで世の中に面白い歌もんが増え、私の音楽ライフが楽しくなればそれが最高です。そして歌好きのみなさんが機嫌よく、幸せでいてほしいと思います。

   北区ボーカル研究会 宇治広一郎




次:トーンについて


関連:ミックスボイスについて